2007年 My Garden 7 月

花花

7月

友達との納涼会で「2007年 My Gardenの更新を楽しみにしている人が大勢いると思うよ。」と言われ反省している。
イギリス旅行の11日間のブランクによるダメージは大きかったが、それでも手を入れれば、入れただけの回復を見せてくれる。
市民農園のジャガイモも全て収穫、トマトやナスも次々に実ってくれる。インゲン豆の成長の速さは目を瞠らせる。
ガーデニングに取り組み草花に癒されながら、何故か今ひとつ気力の充実に欠ける日々が続いた。
心身の疲れが原因だろう。ここいらで復調を宣言して立ち直ることにしよう。

旅行から帰って荒れたマイガーデンで嬉しかったことは、このクレマチスが満開で迎えてくれたことだ。
今年はどのクレマチスも花付が悪かった。このクレマチスも旅行前になってやっと蕾をつけた。
帰る頃には咲き終わっているかと思ったが、丁度満開だった。
帰った時にはジャングル状態だった玄関前のコンテナの花達も見られる姿に回復した。
メインコンテナのダリアは思いの外、花期が短かった。
八重咲きインパチェンスの花付きは抜群だ。ベゴニアも暑さに強い。

マイガーデン マイガーデン マイガーデン マイガーデン

白鳥草が風に揺られて涼しげだ。毎朝摘む花柄の数は相当なものだ。
玄関フェンスに新参のフェアリーが現れた。花びらでも吹き飛ばしているのだろうか。
ラブリーメイアンを始めバラ達の2番花が慎ましげに咲き続けている。バラは美しい。
カンパニュラの終ったバラ花壇では日々草が広がってきた。

マイガーデン マイガーデン マイガーデン マイガーデン

ポスト下もラブチェアー周りも覆い繁って手を抜けない。
アンジェラも休む暇なく花を付けてくれる。背も伸びて梅雨の晴れ間の青空に映える。
玄関にグリーンネックレスを飾ってみた。涼しげに感じられる。

マイガーデン マイガーデン マイガーデン マイガーデン

岡珊瑚の実が赤く色付いてきた。実家で実生した苗を持ってきたものだ。
母が亡くなった今となっては、父から譲り受けたサツキと共に大切にしたい鉢だ。
ペチュニアの後にブルーの小花が咲いたが花名を忘れた。
水遣り・掃き掃除・花柄摘みと一回り手入れが済むと、水を打って涼を呼ぶ。
トニーやフローラにも水浴びをさせてやる。毎日約2時間の作業だ。
水を打ったウッドデッキで寝そべって本を読むフェアリーも今年イギリスから連れ帰った。右のキノコもそうだ。

マイガーデン マイガーデン マイガーデン マイガーデン


ご意見・ご感想・ご質問などご遠慮なくお寄せください。
book

home

花花