ガーデン ご紹介

花花

McCaig’s Tower  マクレイグの塔
               2010年6月16日 訪問  水色枠の写真はクリックすると拡大写真になります。

Countryside

オバーンを目指してA86からA816と繋いで1時間15分のドライブだ。途中の道端に面白いオーナメントを発見する。 巨大な手のチェーンソーアートだ。血管までリアルに表現している。どこかへの道標だったろうが、それは見落とした。
お目当てのマクレイグの塔(McCaig’s Tower)に向けてナビ子ちゃんの案内で狭くて急な裏山に登る。なかなか厳しい道程の末、カーパークに辿り着く。 マクレイグの塔は銀行家ジョン・スチュアート・マクレイグ(John Stuart McCaig)によって建設されたものだ。ローマとギリシア建築のファンであった マクレイグはローマのコロシアムをモデルにした建物を建て、博物館と美術館にしようとした。それは冬の間仕事のない石工の雇用にも繋がると考えたのだ。 1897年にはじまった塔の建設は、塔の外郭の建設を終えた1902年マクレイグの死によって中断されたままとなって今に残るのだ。
タワーは周囲200m、94のランセットアーチを持つ壮大なものだ。内側の壁沿いに通路があり、真ん中のマウンドは芝で覆われ、 葉色の違う樹木が程良く植栽されている。ランセットアーチから見下ろすオーバンの街と港は絶景だ。

Oban Oban Oban Oban

Information
 Address  Oban, Argyll, PA34
 Telephone  01631 563122
 Web Site  McCaig’s Tower

オープンの日・時間や入場料は Web Site あるいは Gardens Finder
Gardens Guideで確認ください。

「旅行記」もご覧ください。

ご意見・ご感想・ご質問などご遠慮なくお寄せください。
book

home

花花