街と村 ご紹介

花花

East Bergholt  2003年7月12日 訪問

期待のコンスタブル・カントリーの East Bergholt 村にやって来た。 John Constable は 19世紀の英国を代表する風景画家で、生まれ故郷の East Bergholt 村を初めサフォーク地方の風景を好んで 描いたらしい。ウェブサイトで穏やかで静かな雰囲気の風景画を沢山見た。その景色が今も変わらず残っているという。 是非訪ねなければ…。今年の旅の目玉の一つだ。
村のパーキングは木立に囲まれた爽やかな場所だ。お天気が良すぎて暑い、日陰を選んで駐車。村のメインストリートは あっという間に終わり、歩道脇にタウンポストがあった。村の加治屋さんの手作りといった雰囲気が良い。

East Bergholt ウィリー・ロッツ・ハウス East Bergholt Stour川 East Bergholt タウン・ポスト
← ウィリー・ロッツ・ハウス       ↑ Stour川             タウン・ポスト →

 

タウンポストの先を左に回りこんで1 km 足らずで川の畔に着いた。ストー川だ。木造の白い橋( Foot Bridge ) が高々と川を跨ぐ。この一帯を Flatford と言うらしい。畔には人間慣れした鴨やアヒルが沢山居た。 川の流れは静かで豊かだが、余り綺麗とはいえない。少しがっかり。
川の南岸がフットパッスになっていて大勢の人が歩いていく。西へ1.5 km 行けば Dedham 、東へ2 km でもう海に 出るのだ。北岸はティールーム&ショップ、倉庫&博物館、フラットフォード・ミル、ウイリー・ロッツ・ハウスと古い建物が 並んでいて散策路となっている。これらの建物はコンスタブルが描いたままに残っているらしい。石の文化の強みだ。

East Bergholt 木製の橋 Foot Bridge East Bergholt フラットフォード・ミル East Bergholt フラットフォード・ミル
← Foot Bridge           ↑     フラットフォード・ミル      →

Information
 Address  Suffolk
 Telephone  -
 Web Site  EastBergholt    John Constable

詳細は Web Site などでご確認ください。

「旅行記」もご覧ください。

ご意見・ご感想・ご質問などご遠慮なくお寄せください。
book

home

花花