街と村 ご紹介

花花

Rye  2002年6月12日 訪問  水色枠の写真はクリックすると拡大写真になります。

ガイドブックやウェブ情報ではEast Sussex港町 Rye と言う触れ込みだ。地図で見る限り海岸は遠い。疑心暗鬼繰り返し情報を 探った。沈泥で海が遠ざかったのだとか。11世紀に建てられたホテルが残っているという。中世には海賊や密輸業者の たまり場であったという。好奇心を誘う港町だ。ノスタルジーを誘う。

Rye Rye Rye Rye

TIC の前には誇らしげにアンカーが飾ってあった。港町の象徴だ。TIC の直ぐ前を川が流れ、かってはこの辺りが 港だったのだろうか。思いを馳せる。住所表示の陶板プレートの工房があった。おしゃれだ。オーダーすれば 作成して日本にも送ってくれるらしい。
街は急な坂道を登らなければならない。玉石を埋め込んだ石畳の道だ。もうかなり磨り減ってしまっているが靴底にゴツゴツ響く。 この通りが Mermaid St. だ。ティンバー・ハウスやレンガ造りの家々が立ち並ぶ。 その中腹に Mermaid Inn がある。件の海賊のたまり場だ。建物の壁はアイビーで覆われ、雰囲気を醸しだす。 人魚の看板もどこか艶かしい。いよいよノスタルジックだ。
坂を上りきった教会の手前の民家の軒下の植栽だ。バラとカンパニュラの淡い色彩が重厚なティンバーと良く合う。 その先に教会が静かな佇まいだ。このステンドグラスは中から見たら素晴らしいだろう。教会から石畳の道を下れば ハイ・ストリートだ。5時を廻ったので Close の店が多い。

Rye Rye Rye Rye Rye

Information
Address East Sussex
Telephone -
Web Site Rye

詳細は Web Site などでご確認ください。

「旅行記」もご覧ください。

ご意見・ご感想・ご質問などご遠慮なくお寄せください。
book

home

花花